婚前に離婚を考えるキッカケを見抜けるか。答えはNo!

おはようございます。
婚活カウンセラーの田中です。

婚活をされている方が多い一方で離婚を検討されている方も多いかと思います。
本日は離婚の事実を少し考えていただく機会になればと思いまして、離婚について書かせていただきたいと思います。

結婚相談所やマッチングアプリ、婚活パーティーをキッカケに結婚されるカップルも多いかと思いますが、そこから離婚に至っている数値の統計データはありません。

新しい人生を切り開くという意味では離婚は決して悪いものではありません。
離婚を“新たな一歩”として新たな道へと踏み出す方もいらっしゃいます。

そんな離婚問題。

ご家庭によっては離婚の話が頻繁に話題に上がることもありますよね。

喧嘩をキッカケに離婚してやる!!そう言い放つ方も少なくないのではないでしょうか。

時間が経ち、冷静になって関係を修復することが大半かと思いますが、実際に離婚に至るケースもあるかと思います。

しかし、離婚するということは結婚することよりも多くの代償が伴います。
精神的にも金銭的にも、そして友人関係などにも影響を与えるものです。

それでは離婚を考えるキッカケはどんなものでしょうか。
簡単に挙げてみます。

  • 精神的DV
  • 肉体的DV
  • 経済的DV
  • 性的DV
  • モラルハラスメント
  • 不倫
  • ◯◯依存症
  • 子育て
  • 愛情を感じられなくなった
  • セックスレス
  • 子供ができない
  • ED
  • 家事や育児に非協力
  • 喧嘩が絶えない
  • 相手家族との不和
  • 介護
  • 浪費癖

ざっくり17つほど挙げさせていただきました。

他にもあるかと思います。

婚前に全て分かっていたら離婚なんてしなかったという声もたまに聞きますが、婚前には見抜けなかったこと、結婚後に発覚したことや突然発症したものなどもあると思います。

実際、結婚してみないとわかりません。

これから結婚する方、すでに離婚して◯2、◯3を目指している方。
私たち結婚カウンセラーは結婚後もお二人の関係が円満に行くように婚前に最善の努力、サポートをさせていただきます。

一度、Time2Twelveにお茶しに来ませんか?

この記事を書いた人

counselor